起用後にスカウトされる

プロジェクトマネージャーは企業を経営する側の視点にも立ち、実際に稼働しているプロジェクトの全体的な視点から管理を行う仕事であり、通常の企業においては社内の人材によって担われるようにしたいと考えるのが一般的である。しかし、IT業界における人材の状況として、理系の出身者が多くエンジニアとしては優れていても経営やビジネスの視点が欠けていたり、統率力やマネジメント能力という観点からはそれほど優秀な人材が少ないという状況がある。そのため、文系からの転職者を取り入れていく企業も増えてきているものの、そういった人材の場合には現場での経験が浅いために、プロジェクトマネージャーとして現場についての深い理解のもとにマネジメントを行うという仕事を十分に果たせないことが多い。そういった状況もあってフリーランスの人材に依頼して、プロジェクトマネージャーを担ってもらう企業も散見されるようになってきている。
しかし、それを専門としてフリーランスを行うことには不安を感じる人が多い。本来は企業内の人材によって担われるべき仕事であるため、いつその仕事が失われることになるかということが心配になって専門としにくいと捉えられがちだからである。しかし、実際にはフリーランスが起用されてその有能さが認識された場合には、そのままスカウトされて企業にポジションが与えらえることも多く、将来展望のよい職種となっているのが実情である。

Comments are closed.