総合力による活躍舞台

IT業界におけるプロジェクトマネージャーとは、プロジェクトの立ち上げから完成に至るまでのほぼ全てを担う人材である。クライアントとの相談や市場分析に基づいた解決すべき課題の提起に始まり、その解決策の考案と必要となるシステムの提案、そのプロジェクトを行う際に必要となる人材や予算と、プロジェクトが達成されたときに想定される利益や展望についてまとめることが必要になる。そして、プロジェクトの実行が決定された場合には、実際にその人選や必要となる設備や備品の手配を行ったりといった準備も司り、実際にプロジェクトを始動させるために個々の人材の指導も担う。目的の開発が達成された暁には、その評価を担うこともまたプロジェクトマネージャーの仕事であり、クライアントがいる場合にはその納入における責任者も果たすことになる。
こういった形でプロジェクトの準備と完了において特に活躍するのがプロジェクトマネージャーであるため、通常は社内に人材を求める。しかし、こういった多方面にわたる高い能力を有する人材は稀であることから、フリーランスからその人材が抜擢されることも多い。フリーランスにとっては、エンジニアや経営者としての総合力を発揮して仕事に携われる活躍舞台であり、様々な専門分野の仕事で成果をあげてきた人のみが評価されて仕事を受けることができるものである。その仕事で成果をあげることは、キャリアアップに繋がるまたとない機会にもなる。

Comments are closed.