有能な人材をフリーランスに求める傾向

プロジェクトマネージャーには総合的な管理能力と経営者としての手腕が必要とされる。そうでありながら、エンジニアとしての現場経験も重要となる場面も多く、要求される能力は多岐にわたる。そのため、プロジェクトマネージャーとして適任と言えるほどの総合的な能力の高さを兼ね備えた人材は極めて稀であり、仕事を担える人材は少ない。特に企業においてはエンジニアとして個々の仕事に長けた人材は豊富にあっても、同じ職場で働く他のエンジニアの専門技術にすらそれほど深く理解がなされていないことが典型的である。それに加えて適材適所で運営されていることから、能力的に優れたエンジニアが経営やビジネスに関する経験を持てる機会がなく、適任者が社内から欠如していることが多い。
そのため、フリーランスの人材が注目されて起用されることが増えてきている。フリーランスで開発の仕事を請け負うためには、プロジェクトマネージャーとしてプロジェクトの提案と達成後の事後処理に必要となる仕事の大半が必要とされる。仕事の依頼を受ける際の交渉や経理等も必要となることから経営やビジネスの視点も有しているため、人材管理能力さえあれば仕事を担うのに十分な資質を備えていると考えられるのである。そういった観点から数少ないとはいえ有能な人材をフリーランスに求め、その活躍が認められた際にはスカウトして正社員として働くオファーを出すということも多くなってきている。

Comments are closed.