フリーランスによるマネジメントの業務

プロジェクトマネージャーは主に企業で行われるプロジェクトのマネジメントを行う仕事であり、その企画を立てるところから完成に至るまでの全てを管理する重要な役割を果たす職種である。開発する目的物について依頼主との協議を行い、予算や納期等も含めた開発に関わる情報提供と交渉を担い、それに基づいた開発計画をするのが始めの仕事になる。そして、そのプロジェクトを動かすために必要な人員や設備を準備し、実行に移す。自らが開発に手を下すことになる場合もあるが、多くの場合にはその人員に指示を与えながら適切なマネジメントによって仕事を円滑に進行させて完成させることになる。そして、そのレビューやテストを行って依頼主への納品を行うというのが一般的な流れである。
こういった管理的な側面を全て担うことから、基本的には企業は社内から有能な人材を抜擢して担わせたいと考える傾向が強い。しかし、マネジメント能力に加えて予算や人事に関する知識や経験も有し、コミュニケーション能力や人望にも優れた人材は稀である。そのため、フリーランスのプロジェクトマネージャーを起用して顧客対応を依頼し、実際にプロジェクトを進行させてもらうということがしばしばある。これによって社内の人材が実務の面とマネジメントの面から教育を受けられるからである。そのため、フリーランスのプロジェクトマネージャーには教育面も業務内容として要求されることがある。(関連:http://aims-pm.info

Comments are closed.